【好きじゃない男性にしつこくされ、気になる男性には振り向いてもらえない】その1

女と男
両思いになると冷める「蛙化現象」の謎と本物の恋へ進めるアドバイス-ミラープレス
両思いなったのに、なんだか気持ちが冷める状態になる・・・そんな現象を「蛙化現象」といいます、そこで今回、両思いになると冷める「蛙化現象」の謎と本物の恋へ進めるアドバイスについて徹底的にご紹介したいと思います!是非、見て下さいね♪ -ミラープレス

気になる人には構って貰えないのに、好きじゃない人にはしつこくされてしまう。この類の話は女性からよく聞くものです。うざい男性に限って、どんどんしつこいメールが送られてくる。反対に気になっている男性にラインを送っても、素っ気ない返事しか返ってこない。こう言った現象は何故起きるのか? これはあなただけに起こっている事ではないとしたら、何故このような事態が起こるのか。ここらへんを、これはごく当然の事が当然のように起こっているんです、という内容でお送りしたいと思います。

悩める女性
悩める女性

モテたい。私はモテたい。けど、好きじゃない男性からはモテたくない。なのに、言い寄ってくる男はキモい奴ばかり。。何でなの。。

このカテゴリーでは、英語で好きなテーマをプレゼンしてみようという事を提案しています。これは実際に私が外国の方々を前にやっている事で、英語のプレゼント練習にもなるし、人前で話すという度胸も一緒につきます。これが出来れば、会社で外国人を前に英語でプレゼンをするという、恐らく英語界の最難関ハードルにも抵抗がなくなっていくでしょう。

英語初心者
英語初心者

英語を学ぶのは好きですよ。常にスマホで英会話ラジオを聞いています。けど、実際に外国人と話すのは苦手なんで、やりたくないんですよ。

英語中級者
英語中級者

あなたみたいなひ弱な日本人男性は結構多いわよね。英語の能書きは多いくせに、実際には外国人と話せないのよ。

なぜ、私はモテないんだろうと思ったことはありませんか?

男と女の距離感。これは人生最大の難しい問題と言えるかもしれません。果たしてこの男と女の間に正しい距離というのはあるのでしょうか。この距離を適正に保てばモテると言っている世の通説は果たして当たっているのでしょうか。

ある休日の日、スマホでヤフーニュースを見ていたところ、ある記事に目がとまりました。会社の先輩からの好き好きラインがしつこくて本当に困っているという内容の記事です。

表示できません - Yahoo!ニュース

そこで私は男女間の適正な距離=the distance between women and menというテーマで、英語でプレゼンを行うことにしました。

私は男女間の距離について、ある女性がこんな事を言っていたのを思い出しました。何気なくこの言葉をその時は聞いていましたが、よく考えればいろんな女性が同じような事を言っているのに後になって気が付きました。

Always I fall in love with guys who are not interested in me.

いつも私は私に興味がない人ばかりを好きになってしまうのよ。

-fall in love with ~ ~に恋する

-are interested in ~ ~に興味がある

”私に興味がない人、私を見てくれない人を、積極的に好きになってしまう”と言っていました。ある一定の割合でこういった女性はいると思います。アイドル志向と言いましょうか。追っかけるのが好きで、追っかけられると嫌になってしまう。しかしこれはそんな単純な理由だけでしょうか。

次のシートを見てみましょう。次に彼女はこのような興味深い事も言っていました。

Always the guys who I have no interest are chasing me.

そしていつも、好きじゃない男からしつこくされるのよ。

-chase  追いかける

この女性はこんな事を言っていたのです。”私を好きだ。”と言ってくれる男性はどうしても好きになれない。そんな人と一緒になれば幸せにして貰えると分かっているのに、どうしてもそうなれない。そういう人にはときめきを持てないと。

好きな男には放っておかれ、好きじゃない男にはしつこくされる。これは全世界の女性の共通の悩みかもしれません。特にこの”しつこい男には好かれてしまう”のくだりでは、プレゼンを聞いてくれた女性も激しく同意していました。

次のシートは男性側からの意見です。男性陣はアプローチする側としてまた違う視点の同じような事を言います。

I could send short messages to ladies who I am not crazy about at the proper distance, with proper contents.

女性として意識していない相手には、適切な距離で、適切な内容で、メッセージを送れるんだ。

be crazy about ~ ~に夢中である
proper distance   適切な距離
contents     内容

ここからは男性側の意見です。男性側も実は女性と似たような事を言っているのです。意識していない女性にはいい感じのメッセージをストレスなく送れるのに、意識しちゃっている女性にはつい気持ち悪いメッセージを送ってしまうのです。

そして次に移ります。あなた(女性)にしつこく、そして気持ち悪いメールを送ってくる男はこんな状況の中にいます。だからと言って、彼らに同情してくれとは言いませんが、ともかくこんな状況にある事が多いのです。

I always cannot do without sending annoying messages to ladies who I am crazy about, who I fall in love at the wrong distance.

意識してしまっている女性、好きな女性にはどうしても、不適切な距離感でキモいメールを送ってしまう。

  • cannot do without ~ing  ~せずにはいられない
  • annoying うざい しつこい
  • wrong distance  誤った距離感

よく聞く話です。男性は好きな女性に対して、しつこく、タイミングを考えずに何度もキモい内容のメッセージを送ってしまいます。何故、結果的に気持ち悪いメールになってしまうのか。。それは受け取った女性がそう感じるからです。

しつこい男性 ”やぁ、久しぶり!元気してる?今度、久々にご飯でも行かない?”

受け取った女性:”うわっ。キモ男からだ。何この爽やかを取り作ったキモさは。”

結果的に受け取った女性がキモイいと判断したら、あなたのラインはキモいに認定されてしまいます。もし同じ文面だとしても受け取った女性がそう思わなければ、キモいラインにはならない。これが全ての答えです。何を送ったかではなく、誰が送ったかなのです。 これについては中編の “職場の男性からのしつこいLINE。優しい先輩からキモい男に変わる過程とは。その2” で説明しましょう。。

男性と女性の間の距離間の問題で最も気になっていたのがこのトピックでした。

女性は ”好きじゃない男に限ってしつこくされる。何でこうなるのよ。

男性は ”意識している女性には結果的にキモいメールを送ってしまう。。

この2人を直接会わせて、この言葉をお互いに言って欲しいです。

ここから1つの共通点が浮かび上がります。

要は「誰がしつこくするのか」「誰がキモいメールを送れば大丈夫なのか」です。

職場の男性からのしつこいLINE。優しい先輩からキモい男に変わる過程とは。その2”

学んでるだけでは英語の度胸はつかない

”英語を学ぶのはもう辞めて、これからは英語を使う側に行こう”というのがこのサイトのテーマです。日本人は英語を学ぶは好きですが、英語を使うことには非常に後ろ向きだと思います。英語なんていうのは度胸1つだと思っています。度胸がつけば、伝わるものは伝わります。しかし学んでいるだけではその度胸はつきません。実践しかないのです。

英語初心者
英語初心者

確かに僕は十分に英語は勉強して来た。もう50歳になるんだし、これからは学んだ英語を使って行こう。

英語中級者
英語中級者

あなた、50歳なの!? 結構いい歳いってるのね。早く英語は使った方がいいわ。

日本人はもう十分に英語は学んできたはずです。これからはそれを使う番です。自分の好きなテーマ(くだらないテーマがおすすめです)を英語で出来れば外国人にプレゼンをする。あなたのプレゼンを受けて笑ったりのリアクションを受ければ、ある種の快感が生まれます。そう、「自分の英語は通じている!」という感触です。まさにあなたは英語を使っているのです。

タイトルとURLをコピーしました