【もしあの人がこの場にいたら・・】テニス界の伝説フェデラーが人目をはばからず泣いた理由は

スポーツ
駄々っ子だったフェデラーを変えた「悲しみ」恩師の突然の事故死 - ライブドアニュース
元ATP広報部長が想い出を証言「彼はコート上の駄々っ子だった」男子テニスシングルス世界ランキング3位のロジャー・フェデラー(スイス)は、8月8日に36歳の誕生日を迎える。先のウィンブルドンでグランドスラム最

あまりテニス業界に詳しい方ではありませんが、男子プロではセルビアのジョコビッチがトップランカーであるとは知っています。もちろん、スペインのナダルも有名です。

しかし、数年前まではあるスイス人選手が長らく男子プロの絶対王者として君臨してきました。ロジャーフェデラーです。その絶対的な強さは横に置いて、彼に特別に興味を抱いたのが、その人格でした。 長年のテニスファン達は、フェデラーのコート上の振る舞いから生まれるその人格、人間性を特別に賞賛していました。だからこそフェデラーはプロテニスの絶対王者なのだと。

フェデラーファン
フェデラーファン

フェデラーという人間が王者であったスポーツのファンである事を僕は誇りに思います。

フェデラーファン
フェデラーファン

 フェデラーが引退したら、私もテニスファンを引退するつもりです。

Question about Roger Federer’s past brings him to tears

もし彼が、フェデラーがその後20個のグランドスラムタイトルを取ると知ったらどう思うでしょうか?

YouTube 動画を漁っていた時に、そんなフェデラーがインタビューで泣いてる動画を見つけました。常にコート上、コート外では、プロとしての威厳を失わないフェデラーが人目をはばからず泣く? 今回の記事は、フェデラーと彼を長年コーチしてきたある人物との別れについてを取り上げます。 ピーターとはフェデラーがグランドスラムタイトルを獲得するまでに長年フェデラーのコーチを務めていた方です。

Journalist: For the people who may not know him, just explain who this man was to you.

ジャーナリスト: ピーターを知らない人達に、彼がどんな人物であったか教えてくれますか。

Federer: When I was little, he was also a star player o the team. That was able to have a coaching lesson with him and he was from Adelaide in Australia.

フェデラー: 私が小さかった頃、ピーターはチームのスター選手でした。彼と一緒にコーチレッスンを受けた事もあります。彼はオーストラリアのアデレード出身でした。

下のコメント動画は02:04から

~ But the disaster struck before Roger showed to his mentor Peter what he was capable of, Carter died in a car crash accident when the honey in South Africa 16 years ago.~

~しかし、悲劇が襲います。フェデラーが初めてのグランドスラムを獲得する前に、ピーターは南アフリカでのハネムーンの最中に交通事故で亡くなりました。16年前の事です。~

Journalist: He passed away the year before you won the first grand slam at Wimbledon obviously. What do you think when he saw to see you have 20 grand slam?

ジャーナリスト:ピーターはあなたが初めてのグランドスラムをウィンブルドンで獲得する一年前に亡くなりました。“もし彼がフェデラーがその後、20個ものグランドスラムタイトルを取ると知ったなら、どう思いますか。”

~フェデラー、言葉に詰まる・・~

Federer: I hope he would be proud of it. I guess he didn`t want me to be wasting the talent. I guess it was some of them to wake up call when he passed away. I really started training hard.

フェデラー: 彼がそれを誇りに思ってくれる事を願うよ。ピーターは私にこの才能を無駄にして欲しくなかったと思う。彼が亡くなった日、誰かが僕に電話をしてきたんだ。その日は本当にハードに練習したんだ。

struck  strike(襲う)の過去形

be capable of ~ ~することができる

pass away 亡くなる

waste the talent 才能を無駄にする

“もし彼がフェデラーがその後、20個ものグランドスラムタイトルを取ると知ったなら、どう思いますか。” という質問をされフェデラーは思わず言葉が詰まります。  この質問の後の刹那、フェデラーは何を思ったのでしょうか。この世にif(もし)はありませんが、もしコーチのピーターがまだ生きていて、その後のフェデラーのテニス人生で起きた快挙を知ることが出来たならば…

フェデラーはそのifの瞬間を想像し、これまでの自分のテニス人生を振り返り、そしてそこに敬愛してきたコーチがいない現実を噛み締めていたのでしょうか。

あのフェデラーがグッと涙を堪えるシーンはこちらまでも何故か込み上げるものがありますね。普段、堂々と振る舞う王者がフッと見せる弱みと言うのでしょうか。彼の磨き上げられたその人格がより際立ちます。

フェデラー:the right people at the right time

適切なタイミングで、良い人々に出会えた。

下記のコメントは動画02:52から

Journalist: Anything you want to say about him?

ジャーナリスト: 彼について、何か言いたい事はありますか。

Federer: I think what I would like to say is that I would be great if I chatted with him, the right people at the right time, the right coach at the right time, I mean I made those decisions but I was also lucky along the way.

フェデラー: もし彼と話す事ができたら、素晴らしい事だね。私が言いたい事は、 適切な時期に適切な人達に、適切な時期に適切なコーチに出会えたという事。確かに1つ1つの決断をしてきたのは私自身だったが、そんな人との幸運に恵まれて来たと思う。

chat with おしゃべりする

make decisions 決断をする

along the way  道中 道すがら

自分が成し遂げて来た功績を自分の功績だけにせず、そこで出会えた環境や人々のおかげで今のこうした自分になれたと言えるフェデラー。全般的に彼は謙虚というか、世界のトップランカーでありながら、俺が、俺が。という人間の対極にある性格です。この王者でありならがらも他者をリスペクトし、謙虚に振る舞えるのが、彼の絶大な人気を生み出しています。

ここでは、このインタビュー動画に対するコメントを見てみたいと思います。フェデラーに対する感想は、やはり彼の高い人格についてが多くなります。コメント欄はほぼフェデラーファンですので、フェデラーの賞賛するコメントを読んで気持ちよくなりなりたい方は、英語と一石二鳥の動画コメントがお勧めです。

動画コメント

And THAT is why i like Federer, he fully recognizes he’s been so, so LUCKY with his circumstance in life. He doesn’t, like many rich people, ascribe it as Destiny.

これがまさに何故自分がフェデラーが好きなかの理由。彼は自分の人生における環境がいかにとてもラッキーであったかを理解している。彼は他の金持ちのように、自分の幸運を運命のようには言ったりしない。

recognize   認識する

circumstance   環境

ascribe A to B  AをBのせいにする

desitiny 運命

what a humble man…achieved so much but is not bragging about it…not like c. ronaldo or similar. a real role model

なんて謙虚な人なんだろう。多くの事を成し遂げてきたにも関わらず、それを自慢しない。クリスチアーノロナウドのようには自慢しないのさ。 真のロールモデルだと思う。

humble  謙虚な

achieve  達成する

brag  自慢する

role model ロールモデル

正直、私にはフェデラーのプレースタイルとかは良く分からないのですが、スイスという小国からテニスというメジャースポーツにおいて、絶対王者として長年君臨し続けてきたロジャーフェデラー。コート上、コート外の振る舞いからプレーのみならず、その風格や人格が真の王者としてテニスファンから愛され、敬われています。フェデラーが引退する時、それはただ世界のトップランカーが1人いなくなった以上の衝撃がテニス界に走る事でしょう。

こちらはスイスにおけるロジャーフェデラーの偉大さをパロディーにした動画です。スイスでフェデラーを軽んじるとこうなるそうです。。これはパロディーではありますが、スイスという国で連想するものと言えば、”ロジャーフェデラー”と答える人は少なくないはずです。

【キング・オブ・テニス】スイスでフェデラーを馬鹿にするとこうなる
フェデラーファン
フェデラーファン

 真の王者と言うのは、その振る舞い全て込みで王者なのだということをフェデラーから学んだよ。

タイトルとURLをコピーしました