【9歳の偽セレブYouTuberリルテイの背後にいる親の存在】

海外
YouTuber目指す大半の子が知らない厳しい現実 | インターネット
不登校の小学生YouTuber「少年革命家ゆたぼん」が話題だ。現在10歳の彼が不登校になったのは、大阪に住んでいた小学3年生の頃。宿題を強制する学校に疑問をいだき、「まわりの子がロボットに見えた」ためだという…

日本でも、不登校小学生YouTuberというのが一時期、話題になりました。ワイドショーやタレント、もちろんその他のYoutuber を交えて、やいのやいの様々な意見が出てきましたが、そのほとんどがネガティブなコメントでした。

YouTubeの生みの国であるアメリカでも、全く同じ事が起きています。9歳のリル テイと呼ばれるYouTuberの女の子が、その年齢に似つかわしくない不良系のラッパースタイルとでも言いましょうか、攻撃的過ぎる言動とでも言いましょうか。

“これ、自分の意思というより、親にやらされてるんじゃね?”

というように、日本の不登校児YouTuberと同じような非難や注目を集めて盛り上がっています。

YouTube 自体も、炎上して注目を浴びて、再生回数を上げるという手法が王道化しているので、これすらもリルテイの親のブランディングでは?という意見もあるようです。

Who's behind the internet's 'youngest flexer,' 9-year-old 'Lil Tay'?

Catster: Lil Tay is 9 years old. She told me she comes to Hollywood to pursue her dreams of being a social media star. Tha child stardom is nothing new but her act is involved in causing the storm. Even it is pretending to the drug, is it exploitation or it is a borderline of abusive?

キャスター: リルテイは9歳です。彼女はSNSスターになるという夢を追うために、ハリウッドに来たと言いました。子供がスターへの道を目指すのは真新しい事ではありませんが、彼女の投稿する動画が賛否を巻き起こしています。ドラッグを使用するかのような動画などもあります。これは親による子供からの搾取なのか、それとも虐待のボーダーラインでしょうか。

Caster: How would you respond to critics who would say “Oh. you just get profit from your daughter now.”

(母親に向けて)”あなたは自分の娘から利益を手にしてるだけではないのか?”という批判に対してどう答えますか?

Lil: No ones force me to do this. That`s not true she made me offer the money.

誰も私に強制してないわ。母が私にお金を要求したというのも真実ではない。

Caster: These images are living on to follow you for the rest of your life. Is really 9 years old capable of making kind of decision?

これらの動画 写真は、今後のあなたの人生に一生付いて回りますよ。本当に9歳の子供がそんな重大な決断をする事ができると?

Lil: This is my decision. I am happy with what I am doing.

これは私の決断よ。自分がしている事に満足よ。

pursue 追い求める

force ~ to ~ ~に~するように強制する

involve in ~  ~に関わる

exploitation 搾取

abusive 虐待的な

respond to ~ ~に答える

the rest  残り

たった9歳の女の子が、高級車を何度も蹴り飛ばしたり、お札をばら撒きながら、汚い言葉を吐くというのは、やはり異常な事です。しかし、だからこそSNSではそれがウケます。

加えて、私達はこの過激な少女の裏に親の影を感じることもできます。つまり、実際にこれをリルテイにやらせているのは、彼女の親なのではないか、という事です。

自分が子供の頃を思い出してみると、ここまでの演出を自分でやりたがるか?という疑問があります。彼女の親や周りの大人が、リルテイにこれをさせているんじゃないか、という疑問はどこまでも付きまといます。

事の真相までは部外者なので分かりませんが、Youtubeは子供だろうが動物であろうが、面白けれは何でもいいという、ある意味で、エンターテイメントの無法地帯です。注目された勝ちの世界ですので、子供がやらなさそうな過激な事をするというコンテンツで、一儲けしようと考える親がいても不思議ではありません。

異常なもの、過激なものを見ると、人は注目をします。YouTube やツイッターなどのSNSではそれが顕著であり、最初からこのような炎上を狙った人達もいます。過激であればあるほど視聴者数が増えるというのは、テレビ番組でもSNSでも変わりありません。

しかしあまりにも人の注目を集めたいがために、『それってモラル的に大丈夫なの?』というコンテンツがSNSでは後が絶たないようです。際限ない注目獲得競争を、ルールなき場所で行なえば、私達はどこまでも通常ではない、過激な異常性で目立とうとするのでしょうか。

フォロワーのファン化が更なる金を生む

ここからは、ソーシャルメディアでインフルエンサーとして多額の報酬を得る人たちを紹介する動画です。美容ファッション業界というのはインスタグラムと親和性が高いので私達にも馴染みがありますが、アメリカでは学校の教師が最新の教育ツールを紹介して、有名インフルエンサーになっています。もうどんな業界ですら、インフルエンサーがいるのです。

Inside the big business of being a social media influencer

~It is not just only the fashion and beauty industry influencers who are passioned in. Take Doctor mike who promotes healthy gem frees lifestyle on his Instagram page. And teacher Kate promotes the latest educational technology on her top teaching social media page. ~

~インスタグラムで活動してるのはファッション 美容業界のインフルエンサーだけではありません。ドクターマイクはヘルシーなライフスタイルをインスタページに投稿。教師のケイトは、最新の教育ツールをSNSページにアップしています。~

Analyst: New followers and influencers are not just following the content she posts but they are following for her opinion.

現代のフォロワーは動画や写真コンテンツだけではなく、インフルエンサーの意見や信条を追っているのです。

~A recent report reveals the company paid out $744 million to Instagram influencers last year alone.~

最新の調査では、総計 7.4億ドルがインスタのインフルエンサーに支払わられたと言われています。

promote  宣伝する

opinion  意見

7.4億ドルつまり約800億円。すごい額です。 このお金は世界のどこかで支払うべきだった企業からの広告費の一部がインフルエンサーに流れたという事でしょうか。

最初の美容系インフルエンサーの女性は、

「何で私にこんなにインフルエンサーが付いたのか正直分からないわ」と言っています。

しかし、彼女が最初のメイクアップ動画を上げると、5人からいいねをすぐに貰えたのがきっかけで何百万人のフォロワーを獲得するまで続けられたそうです。最初は小さなきっかけですね。

面白いと感じたのが、現在は動画や写真コンテンツよりインフルエンサーの意見を皆が追うようになっているという事です。つまり、インフルエンサーのファン化という事でしょう、一度ファンを作れば、それがどんなコンテンツだろうが、いいね!がファンになったフォロワーから付くかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました