【外見がそのまま生涯年収に繋がる時代】”ごめんなさい、あなたの見た目は10点中5点です”

海外
改めて進次郎人気を考えてみる。容姿がいいことが自己肯定感につながる時代に
20代後半の女子3人と食事をして、テレビの話になった。半年ほど前のことだ。2人が「テレビは全く見ない」と言い、そのうちの1人は「人を貶めて笑いを取...

人の外見はその人生にどのくらい影響するか?

もし誰かにそのような質問をされたら、あなたはどのように答えるでしょうか? 学校の授業のように大勢の不特定多数がいるような場所では

外見は大事ではありません。大事なのは中身です。とか私達は言いそうです。

反対に、飲み屋街の居酒屋で気心が知れた女友達と2人で話している時には、

何だかんだ言っても、見た目って超重要だよねぇ。。”とか私達は言いそうです。

目の前でその人の見た目を点数付けする動画

ここにこの人の見た目はあなたにとって何点ですか?という身も蓋もない意欲的な事に挑戦した動画があります。最後はその点数順に参加者を並べ替えて、自分はその中のどの位の位置に入るか?までやってしまいます。

アジア系の人、太っている人、スキンヘッド、モデルの人といろいろ出てきますが、その人物の前で、”あなたは何点です。”とか言っちゃいます。

How Attractive Am I? | Lineup | Cut

いろいろな反応があると思いますが、おそらくこの企画の趣旨としては、

”見た目の点数というのは意外にその人の趣向によってマチマチなんだよ。意外に君の見た目を評価してくれる人はいるもんだ。自分の個性を大切にしようね。”

という事なのかと思います。

金髪でメイクばっちりなら生涯年収30%アップ

ここに人の見た目がその人が生涯に稼ぐ年収にどう影響するのかを調べた記事があります。アメリカの大学の教授が大規模な調査を行ったところ、下記の7つの外見の要素がある人は生涯で稼ぐ年収が高くなると分かったのです。

中には、”それ本当?”というものもありますが、社会が普遍的に良いと考えている要素とほぼ一致するので、確かにこれらの外見の要素がある人は、無条件に評価される事で年収の高さという利益を享受できるのかもしれません。

You are judged by your appearance

あなたは見た目によって判断されている

Like it or not, you are being judged by how you look, how you dress, and how you carry yourself—and, if you’re lucky, how you do your job.

好きだろうが嫌だろうが、あなたはどのような顔で、どのような服装を着ていて、どのように振舞っているか、そのような事で社会から判断されている。もしラッキーならば、そこに仕事も入ってくる。

Earlier this month I read something published by Aaron Gouveia that lists seven ways your looks affect your pay.

今月の上旬、私はアーロンガビアによって書かれた、年収に影響する私達の見た目の7つのリストについて読む機会を得た。

1. Tall people get paid more money

背の高い人はより高い給与を貰っている

→同じスキルを持った従業員でも、15cm身長が違えば、年間5000ドルも給与に差が出るという統計がある。

2. Fat people get paid less

太った人は収入が少なくなる

→体重が重すぎる人は、通常の人と比べると、男性では年間8600ドル、女性では年間4700ドルも年収が低いとされている。

3. Blondes get paid more

金髪女性はより高い給与を得る

→1.3万人の白人系金髪は、それ以外の髪の女性よりも7%以上も年収が高い

4. Workers who workout get paid more

身体を鍛える人はより高い給与を得る

→ジムに通う人は、通っていない人よりも7%以上年収が高い。

5. Women who wear makeup make more

メイクアップをする人はより多く稼ぐ

→メイクをする女性は、メイクをしない仕事の女性よりも7%も給与が高い

6. Handsome people are paid handsomely

ハンサムな人はたっぷり稼ぐ

→容姿が良い人は約5%以上も普通の人より稼ぐ

7. If you’re too pretty, it’s a pity

可愛すぎると、デメリットもある

→男性はカッコ良ければ悪い事は1つもない。

 女性は可愛すぎると、特に男社会であらぬ差別を受ける事がある。

As uncomfortable as it may be, we are under the microscope every day. Our employees, our colleagues, and our customers judge us by how we look, how we dress, our table manners, our grooming, and sometimes even how we do our job.

不快に感じるかもしれないが、私達は日々、顕微鏡に置かれてるかごとく生きている。従業員、同僚、お客によって、私達がどんな容姿で、どんな服を着て、テーブルマナーはどうで、グルーミングはどうで、そして時々どんな仕事をしているかでさえ、彼らの判断材料として見られている。

judge 判断する

publish 出版する

colleague  同僚

参照:Forbes

You Are Judged by Your Appearance
Breed Street Tatoo (Photo credit: Wikipedia) Like it or not, you are being judged by how you look, how you dress, and how you carry yourself—and, if you’re luc...

身体は鍛えられていて、背が高く、顔はハンサムか可愛く、メイクもバッチリしている人は、そうでない人よりも、その外見のおかげで出世しやすいとされています。

逆を言えば、それらと反対の要素がある人は、社会的ハンデを無条件で抱える事になります。もちろんこれが全てではないでしょうが、全く関係ないと言えない雰囲気になっているのが現代の社会と言えそうです。

メディアに出てくる素人の専門家の多くは、その容姿を全面的に出してくる人が大半です。自分の容姿が商業的価値に繋がると分かっているからが故でしょう。

タイトルとURLをコピーしました