【ラグビーワールドカップ2019が遂に開幕!】ラグビー選手はカッコつけないから逆にかっこいい。

スポーツ

ラグビーワールドカップ2019 日本大会。

毎回、負けっぱなしの日本代表チームが、前回のイングランド大会でまさかの3勝1敗で予選敗退から4年。遂にワールドカップ自体が日本に来てしまいました。この数年間は日本ラグビー界にとって、まさに50年で進むような道のりを数年間で一気に進んだような感覚でしょう。

ラグビーワールドカップ2019日本大会 遂に開幕!

ラグビーの興奮、ラグビーワールドカップの世界的知名度を理解するにはまずこの大会プロモーションビデオを見るのが速いでしょう。ワールドカップがその国にやって来るという事は、その国に一気にラグビー文化が根付くチャンスが来るという事でもあります。

Rugby World Cup 2019: Coming soon

実際に今回の日本開催には、アジア国で初の開催によってラグビーを世界的なスポーツにしたいというラグビーワールドカップ協会の思惑があったと聞きます。近年の大会で著しい成長を見せている日本の開催はまさに願ったり叶ったりの開催地であったのかもしれません。

自分達の荷物は自分たちで降ろすイングランド代表チーム

ラグビー選手は他のプロスポーツ選手に比べて、一般人ぽいというか、セレブのように行動しないのが好感が持てると思います。あらゆるスポーツの中で最もハードなスポーツと言えるのに、一般人と同じように行動し、紳士的に振るまい決して格好をつけたり、偉ぶったりしません。

Rising Sons: Episode 11

例えば宮崎県でキャンプを張っているエディージョーンズ率いるイングランド代表チームの行動を追えば、その意味が分かります。普通の一般人のように振る舞おうとするラグビー選手が何故かカッコいいという意味が分かると思います。

The team loading their own baggage into trucks for transfers. Demonstrates that the team`s ethos, and the individual players, have kept themselves grounded despite the hype around the World Cup, and the teams growing confidence. Very encouraging to see.

代表チームは自分たちの荷物を自分の手でトラックに積んでいる。これはまさにイングランド代表チームの精神を体現しているよ。ワールドカップという世界的な大会にも関わらず、選手たちはしっかり地に足がついているし、チームは自信をつけているよ。この動画を見て勇気付けられるね。

I remember returning home from Afghanistan and landing at Stansted UK. We unloaded our bags onto the runway at 2 am and it served as a good reminder that we were back home, but needed to remain humble and grounded. Great stuff England, you’re going to be brilliant!

自分がアフガニスタンから国に帰還したとき、ロンドンのスタンスタッド空港に到着した。深夜2時に僕らは滑走路に自分たちで荷物を降ろしたけど、”ホームに帰って来たんだ”という良い思い出になっている。けどそれは謙虚なままでいるために、地に足をつけたままでいるために必要な事だったんだ。イングランド代表チームは素晴らしい。きっと良い大会になるはずだ。

transfer 移動

demonstrate   実演する

unload 荷を下ろす

humble 謙虚な

イングランド代表チームは宮崎県の高校生とも交流を持っています。選手はお辞儀を覚えたり、日本語で感謝を述べたり、キャンプ地となっている宮崎県で地元の人々のもてなしに対してしっかりと感謝の意を態度で示します。

Joe Marler has already acquired Japanese bowing. Believe it or not, he’s really polite in Japan lol. You can see his kindness every time you see him on Twitter or Instagram.

ジョーマーレーは既に日本のお辞儀を会得している。信じないかもしれないが、彼は日本でとても礼儀正しいんだ(笑)ツイッターやインスタグラムで彼の優しいところを見る事ができるよ。

That’s why I am a big fan of Joe. I couldn’t expect to see and talk with him here in Miyazaki. I thank the editor for using the best moment I’ve ever had!

だから僕はジョーの大ファンなんだ。宮崎で彼に逢って話すのが待ちきれないよ。このビデオを編集してくれた人に大きな感謝を!

acquire 手にする 習得する

editor 編集者

ラグビー選手は何度も言いますが、決してセレブ気取りに振る舞わないのが逆にカッコいいと感じました。サッカー選手などはサングラスを掛けて、ファンとの交流を避けたがる選手も多いですが、それもサッカー自体が商業的過ぎた結果でしょうか。

ラグビーだけはこのまま激しいゲーム内容はそのままで、態度はこのまま一般人と同じような目線で闘っていって欲しいものです。

タイトルとURLをコピーしました