【史上最もタフな決断に迫られたラグビーワールドカップ2019】”決して簡単に決めたわけではない。それだけは分かって欲しい。”

スポーツ

ラグビーワールドカップ2019日本大会で遂に中止の試合が出てしまいました。ここ最近はいくつかの台風が発生していたので、中止ゲームが出るか出ないかでヤキモキしていましたが、試合開催の2日前という早い決断で、ワールドカップ委員会が苦渋の決断を行ったと言えます。

これはワールドカップ組織委員会の統括委員長アランギルピンの中止に関するコメント声明です。

世界有数のスポーツイベントの試合を中止にするという重すぎる決断を、それも早めに行った理由とは一体・・?

Rugby World Cup Tournament Director Alan Gilpin updates on RWC 2019

Alan Gilpin: Today we are taking a very difficult decision to cancel two rugby world cup pool matches to be played on Saturday for the 12th of October, the England France game in Yokohama stadium and the New Zealand Italy game in the city of Toyota stadium.

本日、私達はとても難しい決断をしなければなりませんでした。10月12日土曜日に行われる2つのワールドカップラグビーゲームである横浜スタジアムのイングランド-フランス戦、豊田スタジアムのニュージーランド―イタリア戦を中止にします。

The reasons for the cancellation, unprecedented decisions for the Rugby world cup is putting the safety first of the public, teams, the tournament staff and officials, volunteers.

今回の中止にした理由、ラグビーワールドカップにとって前例のない決断をした理由は、全ての人々、チーム関係者、トーナメントスタッフ、メディアの安全を第一に考えたからです。

unprecedented 前例のない

presented 過去にある  前例のある

Typhoon Hajibista is heading towards Japan and make landfall on Tokyo and is predicted to have very significant and widespread impact and we feel making an early decision to give everyone the best chance to make the right decision for safety.

台風ハジビスタは日本に向かっており、東京に上陸する予定です。そして台風は重大かつ広範囲な影響を与えると思われます。私たちは、全ての人々の安全のために、それぞれがより良い決断が下せるように早期の決断を行いたいと思いました。

So far the matches that shall take place on Sunday the 13th of October would be obviously monitoring the impact to the typhoon and on Sunday morning be making of assessment of whether those matches can take place as scheduled safely and again sharing information through their official rugby world cup channel.

これまでのところ、10月13日日曜日の試合は行う予定ですが、台風の影響をモニターし続けて、日曜日の朝にスケジュール通りに安全に試合が行えるかどうかの決断を行います。ワールドカップラグビーチャンネルで再び情報を出しますのでチェックしてください。

so far これまでのところ

take place 行う

make an assessment 評価をくだす

So we would ask all fans to put their safety first on Saturday follow the advice of the relevant authorities and take all necessary precautions and for more information to follow all rugby world cup official digital and social channels.

全てのファンに向けてお願いします。日曜日の試合については、まず安全を第一に考えて、関係機関のアドバイスに従う事。事前の注意に関する全ての情報については必ずチェックするようにし、ラグビーワールドカップ公式チャンネルやメディアに従ってください。

relevant 関係のある

authorities   機関 当局

precaution 事前注意  事前喚起

”土曜日の試合ならば日曜日に試合を順延すればいい”

”台風の影響がない他会場で試合を行えばよい”

”無観客試合でもいいからやれ!”

このようなコメントが様々な人々から上がっています。

海外メディアは台風によるラグビーW杯試合中止を猛烈批判!「恥ずべき決断」「対応策を練る時間はあったはず」(THE PAGE) - Yahoo!ニュース
ラグビーW杯の組織委員会と国際統括団体のワールドラグビーが10日、都内で会見を開き - Yahoo!ニュース(THE PAGE)

しかし組織委員会が決定した決断は ”大会の安全性を第一に考える” というものでした。

もちろん台風が来た際のプランBを用意していなかったという批判は決して的外れではないように思えますが、それはそれで莫大な費用や手間が掛かることなのでしょう。

中止を発表したアラン統括委員長が発表したコメントで印象に残ったのが

”試合の順延や、他会場での無観客試合も考えたが、それではラグビーワールドカップとして一貫した高い水準のコンテンツを提供できないと考えた。しかし決して簡単にこの中止の決断をしたわけではない事は分かって欲しい。”

というものでした。

ラグビーワールドカップは世界有数の巨大スポーツイベントであり、それは世界中に配信される超高額なコンテンツとも言えます。そのクオリティーを高く保つために、その後の決勝トーナメントに不公平になりうる大会日程のリスケジュールや選手の怪我の影響など、考慮しなくてはならない点はたくさん存在するはずです。

とにかく雨でも台風でもやりゃぁいいいんだ!という世界とは少しレベルの違うビジネスの話でもあるのではないでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました