【オールブラックスに唯一勝てているアイルランド / 伝統のライバル対決】 死闘スタート ラグビーワールドカップ2019決勝トーナメンいよいよ始まる

スポーツ

本当のワールドカップは決勝トーナメントから始まる。

ティア1と呼ばれる強豪国からはそう言われています。つまりここからが本当の殺るか殺られるかの闘い。まさにノックアウトステージなのです。

今日の第1試合目は、ニュージーランド対アイルランド / イングランド対オーストラリアの2試合です。

まず ニュージーランド対アイルランド の試合ですが、今大会1番の大波乱がここで起きるかもしれません。つまりオールブラックスがここベスト8で消えるという事です。

そしてそのオールブラックスを倒すのが、今大会で1番と言っていい程に地味な闘いをするアイルランドです。アイルランドは直近の2試合でオールブラックスに2連勝しています。オールブラックスが1番闘いたくない相手がアイルランドと言えるでしょう。

Put Your Best Foot Forward – Ireland V New Zealand

Joe Schmidt: Any 23 that somes up against the All Blacks can very well and still not get the result. That is the quality that the All Blacks have. That is the athletes that they possess.

ジョーシュミット(アイルランド監督):オールブラックスと闘うどんなチームの23名の選手も素晴らしいが、勝利を得られない。それがオールブラックスが持つクオリティーであり、オールブラックスというチームが持つアスリートという事だ。

Joe Schmidt: Do we have to be better?

I think we always have to be better. I think All Blacks are. They are always kind of raising the bars and everyone else is chasing the bar and trying to get to the same height.

The accumulation of those experiences together hopefully builds a bit of confidence. Because you need to have, you need to have some belief. You can`t go out against an All Blacks side and accept that you are second fiddle. You have got to go out and put your best foot forward.

ジョーシュミット(アイルランド監督): アイルランドはもっと優れなければならないのか?もちろん私はそう思っている。オールブラックスも同じように思っているだろう。彼らは常にある種の限界を超えようとしている。チームの全員がその限界に向け挑戦し、全員がそのレベルに達しようとする。

アイルランド代表の闘いの経験の積み重ねが、わずかな自信を生み出している事を期待している。なぜなら、我々はある種の信念を持たなくてはならないからだ。オールブラックス相手には自分のゲームなどは容易にできず、常に彼らより劣っている事を見せつけられる。全てを注ぎ込み、これまでで一番のダッシュを見せなくてはならない。

posses 所有する

bar  水準  試験

accumulation  積み重ね

Joe Schmidt:  There is a number of those players within the side that have contributed to a fair bit of history for us. Obviously the first win over the All Blacks, the first time that we won at Home against All Blacks,

We hope that this 23 will be committed to doing that. I think this team knows how to get up for big games. I think they have a confidence in each other that they can trust each other. So I guess it is genuinely something we will find out on Saturday.

ジョーシュミット(アイルランド監督): いまのチームにはアイルランド代表のより公平なより輝かしい歴史に貢献した選手が何名もいる。もちろん、史上初のオールブラックス相手に勝利したあの勝利のことだ。

このチームが再び、同じことをしてくれると信じている。このチームは今回のようなビッグゲームでの闘い方が分かっている。彼ら選手はお互いに自信を深めているし、信頼もし合っている。土曜日に私達は重要な何かを見ることになるだろう。

contribute to ~ ~に貢献する

commit to ~ 約束する

genuine  本物の

大会1の圧倒的な人気と派手な闘い方のオールブラックスが、全チームで最も地味だけども魂の突進を繰り返すアイルランドに負けるという大波乱が今晩見られるかもしれません。

そして2試合目は イングランド対オーストラリア のワールドカップ伝統のライバル対決です。どちらのチームも、ここの国だけには負けられないと意気込んでいるでしょう。

この前、イングランドVSアルゼンチン戦をスポーツバーで観戦していたところ、女性5人組が隣テーブルにいました。

イングランドのSO(スタンドオフ)であるオーウェンファレルが映るたびに、”ファレル様かっこいい~”とため息を漏らしていましたが、確かにこのコンバージョンキック前の執拗なゴールに向けて睨みつける視線には怪しい魅力があります。

タイトルとURLをコピーしました