生活全般

生活全般

【指輪マジックは本当にある。】女性が彼女持ち/既婚者の男性により惹かれる理由とは。

彼女が出来たら、途端に女性にモテるようになった。 そんな経験をした男性は結構いるのではないでしょうか?
国内

【相手の社会的地位<<相手に対する愛情 になる段階】スペックが大事か相性が大事か。それが問題だ。

今回の動画ではこれを前提にして、このような所謂、表面的で薄っぺらいとされている ”女性は男性の社会的地位に興奮する”  ”男性は女性の若さと美貌に惹かれる” 特に女性側の自分より社会的地位が高い男性を強く求める傾向(=ハイパーガミー) も最初は恋愛する強烈なきっかけになり得るが、それも時間と共に人間は慣れていくために、徐々にその満足度も下がっていくはず。反対に、お互いの愛という要素があるなれば、それがどこかで愛>ハイパーガミーとなる点で、その女性と男性は長期的な関係を築いていけるのではと考えます。
国内

【男性の社会的ステータスで3割増しカッコよく見えてしまう?】日本女性の上昇婚(ハイパーガミー)と結婚率の低下の関係

社会的地位の高い男性はそれだけで外見が3割増しに見える。これがhypergamy (ハイパーガミー)です。簡単に言えば、ハイパーガミーとは社会学の言葉で、自分よりも社会的ステータスの高い人物と結婚したり、付き合ったりしようとする人間が持つ傾向の事を指します。日本人の結婚率の低下にどう影響しているのでしょうか。
海外

【外見がそのまま生涯年収に繋がる時代】”ごめんなさい、あなたの見た目は10点中5点です”

”人の外見はその人生にどのくらい影響するか?”  ここに人の見た目がその人が生涯に稼ぐ年収にどう影響するのかを調べた記事があります。アメリカの大学の教授が大規模な調査を行ったところ、下記の7つの外見の要素がある人は生涯で稼ぐ年収が高くなると分かったのです。
海外

【女性憎悪主義者 インセルが考えるセックスの一極化社会】非モテもインセルもナンパ師もセクハラ野郎も普通メンズも男女の距離感が分からない

日本でもインターネット界隈にそんな言葉があります。言葉そのままで、要は異性にモテない人の事を指す言葉です。 アイドルみたいな容姿で飯を食ってる人達が、 "実は私って非モテなんですよ〜"みたいな使われ方をされるので、そこまで深刻な意味はないのかもしれません。 自分が期待するより、異性にチヤホヤされんなぁ程度のボヤキにも聞こえます。 しかしこの記事で取り上げる、インセルは違います。インセルは既に殺人事件、テロリズムを行い何人もの命を奪っている、ある意味で深刻な存在で、非モテが持つ、ある意味で自嘲的な軽さとは異なるものです。
海外

【アメリカ発 ネット中毒患者セラピー企業が大繁盛】インターネットは酒・麻薬と同じです。

日本社会の5年後を知りたければ今のアメリカ社会を見ればよい、という言葉がありますが、アメリカという国は確かに先を進んだ日本というイメージがあります。 世界中でインターネット中毒者が増えているようですが、インターネット発祥の地であるアメリカでは最も深刻化しています。
海外

【9歳の偽セレブYouTuberリルテイの背後にいる親の存在】

日本でも、不登校小学生YouTuberというのが一時期、話題になりました。ワイドショーやタレント、もちろんその他のYoutuber を交えて、やいのやいの様々な意見が出てきましたが、そのほとんどがネガティブなコメントでした。YouTubeの生みの国であるアメリカでも、全く同じ事が起きています。9歳のリル テイと呼ばれるYouTuberの女の子が、その年齢に似つかわしくない不良系のラッパースタイルとでも言いましょうか、攻撃的過ぎる言動とでも言いましょうか。
海外

【 SNSはほとんど虚構の世界】オーストラリア有名インフルエンサーが全てのSNSを辞めた理由

”フォロワー数”。 現代での新しい価値観とでも言いましょうか。このフォロワー数が影響力となり、即ちそれは広告効果となり、最後はそれがお金になります。 金銭ではなくとも、知名度を上げれば、それは人からの羨望を集め、自己満足感にも繋がるでしょう。羨望の反対に、あらぬ嫉妬や中傷も必ず付いてくるのがインターネットです。
海外

【人はなぜ有名になりたがるのか。】ブサイクからキラキラ系女子に変身したインスタグラマーの闇

" 有名になりたい。" 若い人特有の願望ではありますが、インターネットの発達により、この願望が誰にでも実現可能な時代になっています。インスタグラマーにユーチュバーやツイッターなど自分を世界にどこまでも露出が出来る時代の真っ只中に私達はいます。
海外

【この世に退屈がある限りSNSも不倫もなくならない】ブラックミラー 待つ男

退屈という土壌が出来てしまうと、私達はどんなものでも、つい手が出てしまうように思います。SNSというのはそういった人間の退屈さにしっかりと食い込む最高のパートナーです。
タイトルとURLをコピーしました