ライフ

【無意識に付けられているラブスコア。異性へのアプローチ方法をいくら変えても無駄な事実。】 その3

の記事では、何故はじめは人当たりの良い普通の先輩男性社員が、1度の食事会をきっかけに彼氏気取りのキモい男に成り下がってしまったのかを見てきました。もちろん仕事の間柄なのに、食事に誘ったり、ましてや彼氏面する先輩の距離感は最初から間違えています。しかし、ここではそれは横に置いておいて、1人の男性として女性の対する距離感はどうだったかを見て行きましょう。
スポーツ

【過剰な成功が生み出したモラルの崩壊例】タイガーウッズの複数女性との不倫釈明会見

2010年2月、9回を超える米ツアー賞金王、メジャー優勝回数は14回を超えるゴルフ業界の圧倒的スターであるタイガーウッズは「自身は性依存症であり、既婚者の身でありながら複数の女性と不倫をしていた」という告白をし、世界中を驚かせました。これはその当時のタイガーウッズ自身の口から語られた記者会見動画です。変な言い方ですが、謝罪の内容は横に置いて、タイガーウッズという男の真面目な性格がこの会見から伺えます。
ライフ

【職場の男性からのしつこいLINE。優しい先輩からキモい男に変わる過程とは】 その2

とあるキッチンメーカーの会社であったしつこい先輩男性の話です。ここではyahooニュース記事にあった実際に起こった話で見てみましょう。こんな話はどこの会社でもざらに良く聞く話です。投稿者の女性はあるキッチンメーカーの新入社員の24歳の女性でした。そして3つ上の先輩男性は人当たりのよい27歳の男性社員です。
ライフ

【好きじゃない男性にしつこくされ、気になる男性には振り向いてもらえない】その1

これはよく聞く話です。男性は好きな女性に対して、しつこく、タイミングを考えずに、何度もキモい内容のメッセージを送ってしまいます。これは何故起こるのでしょうか?
スポーツ

【アメリカ大統領にも喧嘩を売る本物のフェミニストの系譜】2019女子FIFAワールドカップMVP アメリカ代表ラピノエ選手の気概

スポーツ界でもLGBTつまりゲイ、レズビアン、バイセクシュアル、トランスジェンダーの選手たちが積極的にその存在を社会に示す機会が増えてきました。現在フランスで開催中のFIFA女子ワールドカップのアメリカ代表ラピノエ選手はまた違った形でこのLGBTの存在を社会に問う発言をしました。大会後にアメリカ・トランプ大統領がホワイトハウスにチームを招待したとしても、自分はその招待に応じるつもりはない。LGBTを受け入れない政権やトランプ大統領の政治的アピールに協力するつもりはないと宣言し、賛成派や反対派を含めて大きな騒動になりました。下記のワールドカップ開催期間中のラピノエ選手による記者会見ではこの質問が集中しました。
スポーツ

【NBAドラフトの裏側は映画さながら面白い】2019NBAドラフト ワシントンウィザーズ 八村塁獲得の1日を密着

アメリカのドラフト風景というのは何故にこんなにもワクワクさせるのでしょうか。ドラフトではアメリカンフットボールのNFLとバスケットボールのNBAが断トツに注目度が高いですが、2019年のNBAドラフトで日本人がそこに絡んでくるとは誰も夢には思わなかっったはずです。このワシントンウィザーズの公式Youtube動画では2019年6月21日バークレイズニューヨークセンターで行われたNBAドラフトで八村塁がドラフトされるその瞬間までを追ったミニドキュメンタリーとなっています。
スポーツ

【ワォ!の3連発だけで世界中に名を売った男】NBAドラフト2019 全体指名7位 コービーホワイトが持つ不思議な魅力

2019年NBAドラフト全体指名7位でノースカロライナ大学のコービー・ホワイトがシカゴブルズに入団しました。大学のチームメイトが11位でドラフトされた事を記者から知らされると、彼は素のままでその喜びを表現しました。
セカンドキャリア

【ジェラードよ。監督業は甘くねえぞ。】クロップ監督からジェラードに向けた監督業の心得とは

現役選手を引退し、これからサッカー監督の道を歩み始めようとするジェラードが静かにこれからの意気込みを語ります。「選手時代の自分は監督やコーチの大変さが分かっていなかった。彼らは偉大だ。」という内容を繰り返し語ります。
スポーツ

【言っちゃ悪いが金があるクラブが勝つんだよ。】モウリーニョがぶちまけた現代のマネーフットボール

低迷が続くかつての覇者マンチェスターユナイテッドの再建を託されたポルトガル人監督スペシャルワンのモウリーニョですが、彼でさえマンチェスターユナイテッドを優勝争いに戻すことは出来ない状況が続きます。これはそんなシーズンの最中での記者会見です。モウリーニョは彼がこれまで成し遂げた実績を1つずつ挙げ、対照的にここ何年間のマンチェスターユナイテッドの低迷の事実を列挙します。そこから導き出されるサッカーの遺産とは?
スポーツ

【サッカーはプレイステーションではない!】リバプール監督クロップがある記者の質問に対して本気で怒った時の記者会見。

”なぜもっと攻撃にリスクを冒さないのか?” サッカーの解説を聞いていると時々聞く言葉です。プレミアリーグ2018-19シーズンを闘うリバプールは首位マンチェスターシティと激しいデッドヒートを繰り広げ、残り試合は1つの引き分けも許されない状況に立たされます。しかしこの日の試合結果は痛恨のドロー。ある記者が試合後にあの質問をクロップにします。それがクロップの怒りを引き出す全ての引き金になりました。
タイトルとURLをコピーしました