スポーツ

【人は見た目で判断してはならない。】意外に優等生キャラ!アンフィールドの奇跡の立役者オリギ

ホーム&アウェーで行われるUCL2019準決勝 対バルセロナ戦。敵地のカンプノウで3-0という絶体絶命の状況下で迎えたホーム・アンフィールドでまさの4-0での快勝。この奇跡の一翼を担ったのはこのベルギー人FWオリギでした。
セカンドキャリア

【ブンデスリーガでは30歳監督も当たり前。|サッカーはデータで勝てる時代に。】ナーゲルスマンの野望。

ドイツのブンデスリーガでは驚くほど若い監督が成功を納め始めています。ホッフェンハイムのナーゲルスマンは30歳でチームの指揮を執り、何とシーズンの成績は4位という驚くべきものでした。そして来シーズンは躍進し続ける新興クラブのライプツヒの監督に就任する事が決まっています。30代で5大リーグの監督が産まれるという事実が、今のサッカー業界のスピードの速さを物語っているのです。
スポーツ

【腐ってもガレス・ベイル。大一番の勝負に必ず仕事をする男】 

今やレアルマドリードから戦力外扱いをされているガレス・ベイルですが、2018年チャンピオンズリーグ決勝では劇的なバイシクルシュートで勝利に貢献し、MVPも獲得していました。何だかんだで”ベイルここにあり”を示したUCL2018決勝後のベイルの記者会見ですが、" obviously (明らかに) ”という単語を連発する所に注目してください。これは彼の言葉のクセのような気がします。
スポーツ

【記者会見の名手ユルゲン・クロップ】嬉しさより正直ホッとしたUCL2019優勝記者会見

大一番に弱いと言われ続けたリバプール監督のユルゲンクロップが3度目のチャンピオンズリーグ決勝の挑戦で遂に栄冠を獲得。イングランドに渡り英語教師を雇ってまで磨き上げた英語でユーモア溢れる会見を開きました。
スポーツ

【世界一傲慢なモウリーニョ監督の”special one” 記者会見】

相手を挑発するのかという程に自信に満ち溢れた彼の態度から、スペシャルワンと彼を揶揄する人も少なくありません。そんなスペシャルワンという言葉が生まれるきっかけとなった伝説の記者会見がこちらです。この頃から記者とは一切慣れ合わないというモウリーニョの一貫した姿勢が伺えます。
スポーツ

【出来るディフェンダーはどこまでも謙虚】バロンドール候補ファンダイクは黙って仕事をする男

遂にチャンピオンズリーグを制覇したリバプール。その試合後の記者会見ではファンダイクに今年のバロンドールも狙えるのでは?という質問が記者から出ます。そのプレースタイルさながら、まさのその質問が来ることを予測していたかのように、冷静に100%の回答をしたこのファンダイクのコメントを見てみましょう。
スポーツ

【サッカー監督というより映画監督なクロップ】”スタジアムは1つの大きな心臓のように鼓動していた”

今後のサッカー業界で長く語り継がれるであろう2019チャンピンオズリーグ準決勝「アンフィールドの奇跡」試合後のリパプール監督クロップがゲームを振り返ります。興奮冷めやらぬ様子の指揮官は、リパプールのスタジアム”アンフィールド”が持つ雰囲気を”心臓の鼓動”のようだと例えました。
スポーツ

【その時、歴史は動いた。|八村塁NBAドラフト1巡目全体9位指名の入団記者会見】

日本人初めてのNBAドラフト1巡目指名の偉業を成し遂げた八村塁。ドラフト翌日のワシントンウィザーズで行われた記者会見の動画です。新人らしからずとにかく落ち着いているとの一言です。
スポーツ

【過小評価から否定できない存在へ】 NBA2019ドラフト全体2位指名 ジャー・モラントは華のある男

2019年NBAドラフト全体指名2位でマレー州立大学のジャー・モラントがメンフィス・グリズリーズに入団しました。シャイな性格なのか八村塁よりも言葉は短く、記者泣かせにも見えましたが、逆にモラントを獲得できた地元メンフィスの喜びようが強く、彼らから気の利いた質問がいくつも出る内容でした。
タイトルとURLをコピーしました